地盤改良 MITS工法 QSJ(Quartz Sand Jet)システム
硅砂スラリー噴射による障害物対応型噴射攪拌工法 

国土交通省 NETIS
登録番号 QS-000012-V

QSJシステムの特徴

QSJシステム施工概要動画

中圧噴射で水切削を行い所定の深度まで貫入。障害物(捨石・松杭等)がある場合は、硅砂を含む高圧噴射削孔水にて切削削孔。削孔完了後、セメント系固化材のスラリーと硅砂を中圧噴射することで地盤改良し、円柱状の改良体を造成するシステムです。

  1. 障害物の削孔が可能
    硅砂注入により障害物(捨石・松杭等)やコンクリート削孔が容易。
  2. 周辺地盤の変位抑制
    中圧噴射なので周辺地盤の変位を抑制。
  3. 高品質な改良体の造成
    障害物削孔が可能なことから、高精度かつ高品質な改良体を造成。
  4. 機動性の向上
    施工機械が小型軽量な為、狭小現場での機動性に優れ、低公害施工が可能。
  5. 工期短縮
    障害物混入地盤において工期短縮が可能。
  6. 経済性の向上
    CMSシステムとの併用が可能な為、経済性に優れる。

QSJシステムの特殊モニター

QSJシステム特殊モニター
QSJシステム特殊モニター
QSJモニター噴射状況
QSJモニター噴射状況
QSJモニター噴射状況
QSJモニター噴射状況

従来の高圧噴射ジェットグラウトの原理に新しいシステムを組み合わせたもので、
近い将来のメンテナンス事に適応できる地盤改良工法です。

従来の高圧噴射の原理である水に高い圧力を加えて得られる強力なエネルギーによって、地盤の組織を破壊し地中にセメント系固化材を充填することを基本原理において、新たに高圧ポンプに硅砂を投入する直接加圧式アブレシブジェット方式による地盤改良方式です。利点は障害物の削孔を容易にした他、高圧を中圧に低減し地中内部の間隙水圧の抑制が図られることで周辺への変位抑制が可能となり、さらに、比較的低圧でも硅砂の投入により大きな加圧能力を持つ噴流の原理で障害物を取り込む(巻込んだ)改良体造成を可能にしたものです。

捨石を巻込んだ改良体
捨石を巻込んだ改良体

高圧噴射

中圧噴射

 

アブレシブジェット比較表

右図の比較表から、QSJの障害物削孔システムは、従来のジェットシステム(乾式)とは異なり研磨材(硅砂)を含む削孔水及び、スラリーを直接高圧ポンプで圧送するところに違いがあります。すなわち、直接方式では研磨材の濃度が従来より濃くなることで、破壊エネルギーが増大します。このことから、障害物削孔を容易にすることが可能になりました。

アブレシブジェット比較表
アブレシブジェット比較表
削孔した捨石
削孔した捨石
削孔した捨石
削孔した捨石
削孔した捨石
削孔した捨石
削孔した捨石
削孔した捨石

QSJシステム用の施工手順

QSJシステム用の施工手順① QSJシステム用の施工手順② QSJシステム用の施工手順③ QSJシステム用の施工手順④ QSJシステム用の施工手順⑤ QSJシステム用の施工手順⑥

QSJシステムの仕様

改良対象地盤 粘性土地盤 c≦30KN/㎡
砂質土地盤 N値≦15
(上記は標準施工時)
改良径 φ600~1,000㎜
最大打設長 23m
スラリー噴射圧力 15~18MPa

QSJシステムの施工機械構成

QSJシステムプラント模式図
QSJシステムプラント模式図
QSJシステムプラント全景
QSJシステムプラント全景

スラリープラント
スラリープラント
特殊グラウトポンプ(SD407N)
特殊グラウトポンプ(SD407N)
地盤改良機
地盤改良機

QSJシステム用の施工写真

QSJシステムの採取コア写真

QSJシステムの採取コア写真

 

▲このページのトップへ戻る

トップページへもどる