地形測量

三次元写真応用計測システム

三次元地形計測とは

デジタルカメラによる撮影画像データから、3次元の地形のデータを作成し、作成されたデータより地形の測量を行う技術です。デジタルカメラにて撮影するだけで地形の測量を行えることから、非常に簡便な計測をすることが出来ます。また、得られた地形データは3DのデータならびにCAD図面としてのアウトプットも可能です。

3D化されたデータからは、写真上のあらゆる箇所の寸法を測定することが出来ます。また、このデータから横断図やコンタ等が作成できます。

三次元写真応用計測システムの特徴

  • 離れた場所から広い範囲の計測が一度に出来る。
    航空写真・ラジコンヘリからの撮影等を用いて広い範囲の写真を撮影すると広い範囲の計測が可能。
  • 屋内・屋外問わず計測・解析作業が可能。
    解析・計測対象までの距離が100m以上でも、1mの近接撮影でも解析が可能です。
  • 対象物のボリューム計測や等高線、断面図を作成。
    解析データから等高線、縦横断図、土量計算などが出来ます。
  • 手動計測が不可能な現場・設備で計測可能。
    撮影写真があれば、計測困難な現場での計測が可能。
  • 保存データによる計測作業が可能。
    現場での計測漏れがあっても、追加の解析が可能です。

三次元写真応用計測システムの活用例

三次元写真応用計測システムにて計測を行う際、対象物を2箇所以上から撮影したデータを利用します。撮影は地上からの撮影データならびに、ラジコンヘリ等を用いた上空からの写真も活用できます。

対象物を2カ所以上から撮影したデータを利用

下図のように撮影された2枚の写真から3Dのデータ作成処理を行います。作成した3Dデータから、平面図・横断図等のデータを得る事が出来ます。

マルチコプターから撮影した撮影位置の異なる2枚の写真
マルチコプターから撮影した撮影位置の異なる2枚の写真

矢印

撮影写真から3次元データを作成
撮影写真から3次元データを作成

作成された3次元データ(正面)
作成された3次元データ(正面)

作成された3次元データ(右から)
作成された3次元データ(右から)

作成された3次元データ(左から)
作成された3次元データ(左から)

3次元データから横断図を作成
3次元データから横断図を作成

作成された横断図
作成された横断図

作成されたコンタ
作成されたコンタ

横断図・平面図・コンタ等はCADデータとしての利活用も可能である為、様々な現場での測量業務への適用ができます。

▲このページのトップへ戻る

トップページへもどる