土壌汚染対策

掘削除去

汚染土壌を掘削し、場外へ搬出する方法です。
掘削箇所は定められた分析方法により健全と認められた土壌にて埋め戻しされます。
搬出された汚染土壌は処分施設へ受け入れられ埋立処分やセメント原料等として再利用されます。汚染物質をすべて除外するため、非常に好まれている方法ですが、汚染土壌の処分費、仮設費等により高コストな処理方法となります。
含有量基準超過、溶出量基準超過どちらの汚染土壌にも対応可能な工法となります。

分級洗浄処理

汚染土壌を掘削し、分級洗浄する工法です。
汚染物質は細粒分に付着しやすい性質を利用して、この細粒分だけを取り除くことにより、土壌中の汚染物質を除去します。分級洗浄された粗粒分は現地の埋め戻しに利用されます。取り除かれた細粒分は、汚染物質の濃縮物となっているため場外搬出し処分されます。
含有量基準超過、溶出量基準超過のどちらの汚染土壌にも対応可能な工法となります。

不溶化処理

不溶化剤とよばれる薬剤を汚染土壌に混合攪拌する工法です。
地下水等へ溶出しやすい形態の汚染物質に対して、薬剤を混合することにより難溶性の物質へと変えることが出来ます。
汚染物質が溶けにくい形態になることにより、地下水による汚染の拡散や地下水の摂取による健康被害を防ぎます。汚染土壌を掘り出すことなく処理できるので、低コストな対策です。
但し、溶出量基準超過の重金属等(第二種特定有害物質)による汚染土壌のみ対応可能な工法となります。

原位置封じ込め

汚染土壌の周辺部分へ遮水効果のある壁をつくることにより、汚染物質の拡散を防ぐ工法です。
遮水壁は粘性土等の不透水層まで貫入させることで、すきまなくプールのような構造を保つことが出来ます。
汚染物質を直接処理する工法ではありませんが、外部への汚染物質の流出を防ぎ環境へ対するリスクを低減させることが出来ます。
VOC揮発性有機化合物(第一種特定有害物質)、重金属等(第二種特定有害物質)に対応することが可能です。

酸化分解処理

酸化剤と鉄塩からなる薬剤を、汚染土壌へ混合攪拌する工法です。
酸化剤と鉄塩との反応から発生するヒドロキシラジカル(・OH)により有機化合物を分解します。ヒドロキシラジカルは強力な酸化力を持っており、この強力な酸化力によって酸化分解することが出来ます。
主に揮発性有機化合物(第一種特定有害物質)に対して有効な工法となります。
汚染土壌を掘り出すことなく原位置での処理が可能となるため、短期間・低コストな対策です。

▲このページのトップへ戻る

トップページへもどる