Top プライバシーポリシー サイトマップ お問い合せ
株式会社 富士建
〒840-0513
佐賀県佐賀市富士町大字下熊川159-68
TEL 0952-64-2331
FAX 0952-64-2340
会社情報
株式会社 富士建
赤外線サーモグラフィ調査
赤外線とは

赤外線は赤色光よりも波長が長く、ミリ波長の電波よりも波長の短い電磁波全体の事です。波長によって、近赤外線、中赤外線、遠赤外線に分けられます。

三次元地形計測
あるゆる物体は、それ自身の温度に応じて異なる周波数の赤外線が放射されることから、対象物の温度を検知できます。これを利用した技術が赤外線サーモグラフィです。
赤外線サーモグラフィ調査の用途

赤外線サーモグラフィでは対象物の温度を検知することが出来ます。

三次元地形計測

外壁のタイルが剥離すると、その裏面にわずかな空気層ができます。密閉された空気層は、大きな断熱層を持っている為、仕上げ材が剥離している部分では外壁表面と躯体との間の熱伝導が小さくなります。鉄筋コンクリート造や鉄骨鉄筋コンクリート造のような、躯体の熱容量の大きい壁体では、外壁表面の温度が躯体温度より高い時には、外壁表面から躯体への熱の流れが生じ、外壁が低温の場合には逆の流れが生じます。

 仕上げ材が剥離している部分があると、その部分では表面と躯体との間の熱移動が少なくなり、外壁表面に対して、日射や外気温変動による熱の授受があった場合、健全部に比べて温度変化が大きくなります。一般的には、日射が当たったり、外気温が上昇して、外壁表面温度が高くなるときには、剥離部のほうが健全部よりも高温になり、壁面に当たる日射が減少したり外気温が下降して、壁面温度が低くなる時には、逆に剥離部のほうが低温になります。この温度差を検知することにより、外壁タイルの浮き・はがれ等の劣化を診断することができます。

このような温度差を検知する用途として、次のような項目が考えられます。

・構造物の劣化診断

・建物の断熱診断

・吹付法面の老朽化診断
赤外線サーモグラフィを用いた調査のメリット
離れた場所からの安全な調査

動いている物や危険で近づけない箇所でも簡単に調査が可能

保存画像による再診断が可能

画像による客観的な診断が可能

現地での作業は短時間

広い範囲の表面温度の分布を相対的に比較することが可能

騒音・振動の発生無し

打診音等の不快音が発生しない為、調査時の弊害無し

  
赤外線サーモグラフィの実用例

赤外線サーモグラフィーカメラによる調査では、基本的に赤外線サーモグラフィカメラにより対象物を撮影し、画像を解析することにより異常を診断する方法です。足場等の仮設の必要性もありませんので、短時間での調査を行うことが出来ます。

対象物を2カ所以上から撮影したデータを利用
>撮影された赤外線画像から建物の表面温度を検知することが出来ます。劣化箇所は建全部に比較して何らかの温度変化が見られます。
この温度差が発生している箇所を把握することにより、タイルのはがれ・浮き、漏水などの構造物の異常を調査します。
撮影された赤外線画像は、一般的なデジタルカメラにより撮影された可視画像と合成することにより、全体像の把握をすることが出来ます
マルチコプターから撮影した撮影位置の異なる2枚の写真
撮影写真から3次元データを作成
会社情報
Copyright(C)2009FUJIKEN.AllRightsReserved.